FC2ブログ

国分寺南町 はしご茶屋

ブログもパソコンも初心者ス! スポーツ・お酒やらを日記のように書いてみたいと思います。 気になる箇所あれば気軽に教えてください。 by はしご茶屋のタヌキ 

青函連絡船で。。。。

昭和51年の夏  17歳  
東京から仙台、釜石、野辺地
野辺地から横浜経由を断念してフェリーで函館
函館から三石に~~~~
広い  大きい!!!!
いんや本とに北海道はでっかい道だ~~~~
三石あきらめて 函館で7月最後の1週間を過ごし
8月1日の早朝には 青函連絡船で青森の港に立っていた
夏と言えども早朝は朝露で少し冷える!!
自転車をこぎはじめると カラダが少しずつ温まる
一人旅を何十日も続けていても
あさつゆの直撃はすきではないんだ~~~

市内をでて弘前をすぎた 山間の急こうばいの上り坂で
リヤカーを引っ張って日本一週をしている
大学生とおぼしき人とすれ違い挨拶をした
この人は この年の新聞によく載っていたので
会う前からなんとなく知っていた
僕はその足で日本海へ  彼は北海道へ。。。。。。。

そして時は平成昨今!!!
ある朝、朝日新聞を読んでいると  いや~~~~~
びっくり!!! リヤカーの彼はその後も30年以上かけて
世界の大陸周りをしているではないか!!!
顔は随分と落ち着いたが 間違いなく
弘前ですれ違った彼だ~~~~~~
今年の 大陸回りの予定!アマゾンでの苦労話!!!
新聞を握る手 くいいる目!!
タヌキの中にうらやましくて仕方がない僕がいた
昭和51年の夏がこの記事一枚で昨日に感じた
そして、今日の志の違いを感じた!!
いつか 続けたい青春の続きを
夢で終わらせたくない
自分がいた

トキメキは生涯の宝 | コメント:2 | トラックバック:0 |

青森を抜ける

‘76  17歳の夏
 八戸のガソリンスタンドで寝袋から目が覚める
 この辺はあまり寺や神社がなく
 昨夜はスタンドの玄関軒先での野宿
 スタンドの入り口を見ると  OPEN8:00~に
 現在時7時半 寝袋を丸め自転車にくくりつける
 函館に向かうフェリーに乗るために
 野辺地へと自転車を駈る!!!!!
 ほとんど平地と低い山のつづく八戸とは対照的に
 野辺地へと向かう山々は自転車こぎには踏ん張りの見せ所の 
 ロングアップロードが続く
 途中から丘陵地帯に入る
 まるで子供のときに夢に見た緑と花と蝶々と畑の連続
 おとぎ話に出てくる北欧の山々に見られる丘陵地帯もこんな感じなん だろうな~~~~と 
 ルンルン気分で丘陵の砂利道を抜けていると
 なんと!!! 目の前に牛の横断!!!
 20頭ほどの牛がのそのそと狭い砂利道を横断
 タヌキは足を止め 自転車から降り おうよそ30分
 牛の横断をながめた
 清んだ空気  楽しそうに飛んでいる蝶々 人どうりも
 車もいない いるのは牛だけ!!!!!
 自然は地球上みんなのものだ と痛感する
 人間だけがいじくるのは いかがなものかと思わせるほど
 のどかです~~~~~~~~
 
 
トキメキは生涯の宝 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ほっき貝 うまか~~~~~

‘76 夏 17歳
海水パンツいやいやコッパンのたんぱんをはき 海水まで浸る
 つま先を砂地に着け蹴り上げる
 海辺では成田秀子と彼氏が見張り役
 10分ほどあたりをつけると
 いたいた  蹴り上げたつま先に貝が引っかかる
 頭から肩を海面に潜らせて手を伸ばす
 一個見つけるとゾロゾロ見つかる
 あっというまに海水パンツの中身は貝で一杯!!
 見張り役の成田に
 大漁を告げる
 この辺りは禁漁区 見つかると写真つきで夕刊に載る
 成田からOKが出た  海辺を突き抜け
 200メートル先の成田の家まで突っ走る
 両手は海水パンツの太ももをおさえ 貝が落ちてこないように必死
 大人に見つからずに成田の家に着く
 タヌキは風呂の残り湯でカラダを洗う
 その間に成田はホッキ貝を洗う
 あらかじめ用意しておいた炭火に網をのせ 貝をのせる
 少し開いてきたところで 酒をふり 醤油をかける
 2分待つ
 さっきまで生きていたほっき貝から 潮の香りが漂い始める
 いただきま~~~~す
 うま~~~~~~~~~~~~~い
 こんなに美味しいほっき貝は食べたことがない
 禁漁区での密漁からの開放も手伝い  旨い!
 函館は上磯郡上磯町昭和町のコンクリートパイプ横での夏だった
 たった一週間の北海道の夏だった
 
 
トキメキは生涯の宝 | コメント:0 | トラックバック:0 |

そんなタヌキのひとり言

16才の夏!!
 岩国城下 錦帯橋の山側にある禅寺に2週間世話になったお礼を住職に伝えて タヌキは再びチャリにまたがった
 初めて見た鵜飼!!
 せっかく口にできても食べることができない鵜 
 太鼓橋の連続アーチは初代 二代共に一本の釘も使わずに作られている
 祖父が生前浅草で宮大工をしていた事もあり タヌキの小学生時の書道の文鎮は鉄とガラスで作られていた水平器 
 ぬり絵は墨つぼ マジ黒一色  ひもつき
 爺との遊びは 釘の早撃ち!!!
 日曜日の雨降りは彫刻 セメント練ってタイル張はひまつぶし
 そんな環境での祖父との同居経験があるせいか 釘なしの錦帯橋にはえらく親近感をおぼえて いつか近くに越してこれたら・・・・・
 目的の岩国基地には2週間朝から晩までたっぷりと楽しめたし
 怖かったのは 2週間お世話になったお寺に基地から戻るとき錦帯橋を山側に渡り左に約400メートルにお寺はある
 しかしその手前200メートルほどの林に囲まれた道路の上に野良犬 捨て犬が何百匹!!!!5メートル四方のあいだにも何匹もいて自転車から降りて クネクネと犬の合間をぬって寺に帰宅していた
 この時代東京で見る野良犬 捨て犬はわずかでした からよけいにこの何百匹という目の前の事実がおそろしやオソロシヤ!!!
 ヘタを打ったら犬のエサになる
 アーアーアー三匹がうなってこっちを見ている
 アレアレアレー連鎖で20匹ぐらいが暗闇の中からこっちの自転車を見てうなっている!!! マジマジで怖いスよ
 そんなことも明日にはいい思い出だ チャリにまたがり錦帯橋を渡り 平和公園と向かう
 16才の8月20日 毎日が初体験だ 宝の山だ モンテクリスト伯かなあ
トキメキは生涯の宝 | コメント:0 | トラックバック:0 |

そんなタヌキのひとり言

16才の夏 晴海港から乗り込んだフエリーも乗船24時間をすぎた
 小倉に向かう海路 九州の東側で漁火が見える
 船員さんから話を聞き 言われたまま固形物の食べ物を真夜中のデッキから海に放り投げてみた
 固形物の着地地点から蛍光色の光りが波状に広がる
 真夏の海上にどんどんと波状が広がる  まるで海上の花火のようで神秘的!!!
 船員さんいわく 海上に浮かんだホタルイカなんだそうだ
 当時にデジカメがあればこの場に貼り付けたい!!残念
 今でも自分の脳裏に広がるタヌキワールドがあり どうにかケーブルで繋ぎパソコンに画像処理できないかと考えるのですが なかなかそこまでは時代が。。。。。
 皆さんに見せたい頭の中の画像が満載なのに 残念!!!
 今年の夏 みなさんも自分ワールド画像をいっぱい作れるといいですね  
 
トキメキは生涯の宝 | コメント:0 | トラックバック:0 |

復活!!but今日も暑い!!

タヌキの頭は いや脳みそは7月の甲子園地区予選の炎天下でくたくたになり 
 昨日までポンポコ山にリフレッシュ帰省をいただいてました
 脳みそのリハビリも終え今日からまた新たに と思いきや朝の8時から30度を超え 2度目の夏バテの予感です ハイ!!
 皆様も炎天下は出歩かずに クーラーのしたに上着を一枚 胃袋のためにも温かいスープやお茶などを心がけて 健康管理気をつけてください
 ふらついたらすぐにクーラーに入り 塩分水分を取り 冷えぴたシールか氷などで 首の後ろ わきの下 内股を冷やしましょう!!
 
トキメキは生涯の宝 | コメント:0 | トラックバック:0 |

大成高校 西東京大会甲子園予選

その白球はライトスタンドへ..............  
大成高校野球部や応援団の目の前で3ランホームラン!!!2回裏を終え8対0 4番の仕事をこなしてハイタッチ!!!
 5回表もぶじ押さえコールド勝ち!!!帝京八王子をやぶってきた都町田高を相手にも大成は強さを発揮した
 都練馬高をやぶり 都町田高にコールド!!!すでに西東京べすと32!!!!!
 こうなると恐いのはケガとバテ!!
 24日 10時今日の対戦相手は 第一シードの東海大菅生高を苦しめ9回にスクイズでサヨナラを決めてきた都大泉高!!!
 天気は快晴30度をこえる暑さの中のプレーボール
 都大泉に先取点こそ先をこされましたが3人の継投で勝利をものにしました
 母校 大成高校ベスト16!!!!!! 120校ある西東京のベスト16!!!!高校入学してから30余年!!西東京予選に何十回足をはこんだろうか??
 記憶の中では初めてのベスト16!! 上位常連校ならきっと<なーんだ16か~~~~>なんでしょうが 大成高はなれていないもので 浮き足立たぬよう26日の試合も応援に行きます!!
 都四商と都富士の勝者と26日10時に府中球場でベスト8をかけて試合があり もしも勝ち進むと27日9時に神宮球場でおそらく日大鶴ヶ丘とAブロック優勝 西東京ベスト4を争うことになります
 強豪都立勢がひしめくAブロックの中での健闘はOBとして気持ちの躍動がとまりません!!!
 ガンバレ大成!!あと一つで神宮球場だあ~~~~~~~~~~~ 
トキメキは生涯の宝 | コメント:3 | トラックバック:0 |

そんなタヌキのひとり言

16歳の夏 晴海ふ頭から九州は小倉へと向かうフェリーで翌昼を向かえた  相変わらず朝から甲板で南の水平線を見ながら日向ぼっこ!!!
 そろそろ四国沖にさしかかるのか 40年前なら捕鯨もできたであろう 太平洋!!と 皆さん!!朝のトビウオに続き なんとイルカの大群!!!水面からジャンプをしては海に潜り 潜ってはジャンプして20頭ほどのイルカがかわるがわる水面を割っているんです!!
 初めて見る光景に心を奪われていると 船内放送で進行方向左側南の海にイルカが見られます と放送が流れました
 図鑑を見ても テレビやモニターを見ても感動はします  けどサファリパークでもサッカーや野球 海 山での実体験からわきでる感激にはかないません!!ケガや失敗 不愉快な出来事!!すべては体験したから心に刻まれると思うんです!!
 可愛い子には旅をさせましょう!!
ps.11時間の船旅で八丈からトビウオをご覧になれた白くまさん ときめきは何十年すぎても忘れないものですよね トキメキ話で一杯飲みたいものです
トキメキは生涯の宝 | コメント:1 | トラックバック:0 |

そんなタヌキのひとり言

16才の夏!!!晴海から小倉に向かうフェリーの翌朝 
 甲板にでて船首を見ると水面を左右 海が二つに割れていました  どこまでも青い海原 遠くを見るとやや湾曲した水平線がどこまでもつずく!! 
 左右に割れている水面にめをやるとトビウオがフェリーと競争を!!!!!!!凄い!!!トビウオってこんなに長い間飛んでるものなんだ  とビックリしました
 100メートルから200メートルはへっちゃらで水面を飛びます!!!
 息子さん 娘さんをお持ちの方  夏休みもめのまえです  ぜひフェリーにのせてトビウオを見せてあげてください  きっと感動!!!
 トビウオが水面を飛ぶとき直線だけではなく 波や水面にはらをちょいとあてて 針路をやや斜めにかえたりもします  トビウオが飛んでいる光景を見たことのある方  興味のある方 ぜひコメントいれておいてください
トキメキは生涯の宝 | コメント:1 | トラックバック:0 |

そんなタヌキのひとり言

夜の8時すぎかなあ  タヌキをのせたフェリーは晴海ふ頭をあとにして 九州は小倉港へと汽笛を鳴らした
 タヌキ16才 7月梅雨明け直後の夜だった
 まずは熊本にむかおう   そう思いながら 夏休み直前で人気もまばらなフェリーの船内を散策した
 出航するときにボーボーボーーーーーボーボーボーーーーーと汽笛がなる  京葉工業地帯の灯りが左に  しばらくすると川崎 横浜の灯りが右に   なんて書くとカッコイイ?  ところが現実は工業排水 生活排水 土壌汚染などで東京湾がドブ化!!!!黒い海水 サカナが跳ねない海!!
 フェリーのデッキにいると 深呼吸さえも満足にできない  ひるまは毎日光化学スモッグ注意報   環状道路ではガスでおまわりさんが死に至る  工業地帯では黒煙 白煙が空を覆い  雨が降ると酸性雨  1970年なかばは こんな公害で日本が病んでいたんですよねー 一目散にデッキから船内に戻った.........
いやー臭かった東京湾  そんな時代ありましたよねー
トキメキは生涯の宝 | コメント:1 | トラックバック:0 |
BACK| HOME |